夢日記ショートストーリー『夢迷人』~飼育計画~

スポンサーリンク

私は市役所で働いていた。

我ながらその働きっぷりはなかなかのもので、てきぱきと仕事に取り組んでいた。

私は一番下っ端であり、先輩や上司達の顔色が気になった。

だが、誰一人として私を追い詰めてやろうという人間など存在せず、人間関係も決して悪いものではなかった。

職場において、不満という不満は特になかった。

むしろ、良い職場に恵まれたと強く信じていた。

しかし、そんな気持ちとは対照的に、辺り一面のっ空気は淀んでいた。

色で言うならば、グレーとブルーが混じった、どんよりとした世界。

何かに違和感を感じ、すっきりしない気持ちでいっぱいだった。

曇り空よりも重く、息苦しささえ覚えた。

そんな中、突如外勤の仕事が入って来た。

私はすぐさま仕事へ向かった。

現場では、何かのイベントが開催されていて、身動きが取れないくらいに人で溢れかえっていた。

パステルカラーのピンクやイエローが目立ち、人々の楽しい感じがよく伝わってくる。

正直、仕事を放り投げて、私も彼らのように楽しみたいと思ったが、そんなわけにはいかない。

ただ、休憩時間中なら少し楽しんでもいいだろうと思い、期待に胸膨らませていた。

しかし、これが最悪な出来事の始まりだった。

私は先輩や上司達とイベントの警備に就いた。

楽しいそうなイベント参加者達とは対照的に、強張った表情で警備に臨む。

内心、なぜこんなことをしなくてはならないのかと、少し苛立ってもいた。

すると、先輩が一人の男を捕まえてきた。

その男はかなり体格が良かった。

先輩は小柄であるが、よくこんな大男を一人で捕まえられたなと、感心した。

なぜ捕まえたのかは分からないが、男に反省の色は微塵も感じられない。

これから事情聴取をするらしい。

一体この男は何をしでかしたというのだ。

事情聴取が始まった。

私は、先輩が男に質問をする様子を横で見ていた。

先輩が何を言おうとも、未だ男に反省の色は見られない。

私は未だ、何があったのか理解できなかったが、男の態度に苛立ちを覚えた。

先輩が追い打ちをかけると、男の態度はさらに横柄になり、しまいには逃げ出そうとした。

「待て!!!」

頭よりも先に体が動いた。

私は男を止めようと必死だった。

「逃げられてたまるか!!!」

自分のその叫び声と同時に、私の中で何かがプツンと切れた。

そこからの記憶がはっきりしない。

ただ一つ言えることは、気がつくと、私は男の首を両手で握りしめ、男は息絶えていたということだけである。

周りの先輩や上司が、尋常でない形相で慌てふためいている様子でいることに気づき、やっと自分がしてしまったことを理解した。

それと同時に、周りの人間以上に私は取り乱してしまった。

私は初めて人を殺したのだ。

なぜ私はこのような過ちを犯してしまったのか。

私はどうしてしまったのか。

なぜ捕まったかも分からない男に、ここまでする必要なんてなかったはずだ。

こんなにあっさり死んでしまうなんて・・・

なぜ体格の良い大男が、こんなにも簡単に死んでしまったのだろうか。

人の命とは儚いものだ。

だが、そんな悠長なことを考えている場合ではなかった。

これからどうすれば良いのだろうか。

この死体はどう処理するのか。

どうやって事実を隠蔽するのか。

警察にばれたらどうなってしまうのか。

仮に上手く逃れたとしても、一生罪悪感に駆られながら生きていくのか。

そう思うと、私の未来は絶望しかなかった。

なぜ殺してしまったのか、ただただ自分を責め、自分の犯してしまった過ちにひたすら悔いた。

だが一方で、自分の幸せはどうしても手放したくなかった。

人の人生を奪ったくせに、自分の人生は奪われたくないと思うのだから、私はとんでもない悪人なのかもしれない。

私は自分の幸せのために、頭をフル稼働させ考えた。

自首をして早々に罪を償い、また新たな人生をスタートさせることと、精神的自由を諦め、一生逃げ回る人生のどちらが幸せと言えるのか。

結局答えは出せなかったが、私は後者を選んだ。

幸か不幸か、現場にいた先輩や上司達は、私が事実を隠蔽することに関して、とても協力的だ。

それから私の逃亡生活が始まった。

何もなかったような顔を作るのに必死だった。

ただならぬ緊張感を内に秘めながら、1日1日過ごしていった。

その甲斐あってか、何も起きず、毎日が順調に過ぎていった。

ところが、ついに警察が動き出した。

男が行方不明であるという情報を掴んだらしい。

私が捕まるのも時間の問題だろう、そう覚悟した。

やがて警察が近くまで捜査しに来た。

その瞬間、人生の終わりだと感じた。

だが、いつまで経っても、警察が私を調べることはなかった。

ある時、気づいてしまった。

警察が私を捜査対象にしないのは、私が守られているからだ。

職場の上司達が組織ぐるみで手を回していたのだ。

私は組織に守られていたのだ。

こんなことがあって、本当は仕事を辞めたいと思っていた。

だが、ここを辞めたら私はどうなる?

私は一瞬にして見放され、牢屋にぶち込まれるだろう。

辞めたくても、もう辞められないのだ。

私はもう、組織から逃げられない。

組織の力は強力で心強いものであるが、その一方で、敵に回すと恐ろしくもある。

私にはきっと、もうこのまま飼い殺される選択肢しかないのだろう・・・

ここで私は目が覚めた。

ゾッとする悪夢だ。

これが現実でなくて心底良かったと思う。

私は現実世界でも、まさに仕事を辞めるか辞めないかの瀬戸際に立たされている。

仕事を辞めれば、きっとこの夢のように困難が降りかかってくるだろう。

ただ、今一度自分に問いたい。

目の前の困難を避けて組織に飼い殺されることが、はたして本当に幸せなのかどうなのかを・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク