夢日記ショートストーリー『夢迷人』~あの日の父と再び~

スポンサーリンク

私は落ち着かなかった。

ひどく鼓動が高鳴り、私の目に映る全てがスローモーション再生されているかのような感覚だった。

なぜ、そのような感覚に陥っているかというと、理由は明白だ。

もうすぐ父が帰ってくるからだ。

父とは久しく会っていなかった。

父と会えると思っただけで、どこか懐かしい感じがして、心が温かくなった。

今まで失っていた心のぬくもりが戻ってきたようだった。

玄関で父を迎えるとき、私はいつもどうしていただろうか。

本当に久しぶりすぎて、それさえも忘れかけていた。

気がつけば、台所では母が夕飯の支度をしている。

そういえば、夕飯の時間になると、私は布巾でテーブルを拭き、箸を並べていたんだったと思い出した。

綺麗好きだった父がこの家からいなくなってからは、布巾でテーブルを拭くという行為が億劫で仕方なくて、しかも誰も指摘する人もいなかったので、テーブルの上が汚いと思わない限り、めったに拭くことはなくなってしまっていた。

私は慣れない手つきでテーブルの上を入念に拭き、綺麗に箸を並べて、父の帰りを今か今かと待ち望んだ。

父が帰ってきたら、何を話そうか。

お父さんがいなくなってから、私免許を取ったんだよ。

日本酒も焼酎も飲めるようになったんだ。

何もなかったあの空地には、新しくスーパーができたんだよ。

お父さんがよく通ってたあのスーパーは、もうなくなっちゃったんだ。ちょっと寂しいね。

父がいない間に起きた変化は、数えきれないほどある。

そんな話をして父を驚かせるのもいいだろう。

父と話したいことを考えるだけで、心拍数がどんどん上がっていった。

今までできなかった話をたくさんしたくて仕方なかった。

どうしても落ち着くことができず、私はリビングをうろうろし始めた。

「少し落ち着いて!」と母から注意されたが、私にとってその言葉はただの雑音に過ぎず、私は足を止めなかった。

するとその時だった。

ピンポーン

チャイムが我が家に鳴り響いた。

私は訪問者が誰であるか確認もせず、父が帰ってきたと直感で判断し、急いでリビングを飛び出した。

すぐに玄関に辿り着き、自分でも驚くような速さで鍵を開け、期待に胸ふくらませて扉を開けた。

そこには私が待ちわびていた父の姿があった。

ずっと会いたかった父が目の前にいることが信じられなかったが、私は一人舞い上がり、父の手を引いてリビングへ急いで向かった。

父の手のぬくもりはとても懐かしく、安心するものだった。

こうして再び会えたことが、心の底から嬉しかった。

早く父と話したくて仕方なかったが、リビングに着くまでは話してはいけないような気がして、父の様子に目もくれず、ひたすらに廊下を駆け抜けた。

今まで薄暗かった光景に、一気に光が差した。

やっと父と話せると思い嬉しくなった。

「ねえ、お父さん!」

そう言って振り返った。

てっきり、いつものように明るく返してくれるものだと思っていた。

陽気な父の姿を見せてくれるとばかり思っていた。

しかし、現実は違った。

父は私に微笑みかけてくれたものの、明らかに元気がない様子だった。

無理して笑っている様子がとてもつらそうで、今にもどこかへ消えてしまいそうな儚さをまとっていた。

あの時と同じだ・・・

私は思い出した。

父は死んでしまったのだ。

しかも自らの手で。

では、なぜ今、父はこの家の中にいるのか。

私は状況が掴めず、ひどく混乱した。

だが少し考え、ある結論に至った。

そうだ、これは私に与えられた最後のチャンスだ。

ここでまた父を死なせるわけにはいかない。

何としてでも救わなければ・・・

私はできる限り、父をもてなすことにした。

少しでも父を喜ばすことができれば、父はいなくならずに、再び一緒に楽しく暮らせると思ったからだ。

私は、どうしたら父がまた幸せな気持ちを取り戻すことができるのか、父の願いを探るべく、父にたくさん話しかけた。不自然なほどに。

自分でも構いすぎだと思うくらいだった。

でも、何もせずに父が再び消えていくのを黙って見ているのは嫌だった。

何としてでも、父をこの世に留めておきたかった。

私は父が死んだあの時、とても後悔した。

二度とあんなに悔しい思いをしたくないし、父のつらそうな姿はもう見たくないと思った。

「お父さん、これあげる。たくさん食べて!全部食べていいから!」

私は父を席に座らせて、自分の大好物である寿司を父に差し出した。

父はゆっくりと寿司へ手を伸ばし、一口一口を噛みしめるように味わっていた。

その様子はどこか真剣で、自分の中で思いを巡らせているような感じだった。

私はそれを見て、また一緒に暮らすことを考えてくれているのだろうかと期待した。

父がこの世に戻ってきてくれるなら、寿司なんて一生食べられなくてもいいと思った。

私はただ、父の楽しそうな姿を見たかった。

もう一度父と、幸せに暮らしたかった。

「おいしい?」

「おいしいな。ありがとう」

でもその言葉とは裏腹に、父は元気がない様子だった。

元気を取り戻すどころか、前よりもさらに元気がないように見えた。

私たちに迷惑を掛けまいと、かろうじて微笑んでいるものの、その様子はとてもつらそうだった。

そのときの父は「誰も自分のことを救えはしない」とでも言いたげな表情をしていた。

家に帰ってきてからまだあまり時間は経っていないはずなのに、父は確実に衰弱してきている。

とうとう父は座っていることもできなくなり、床にうずくまり始めた。

私は、早く父を休ませてあげなければならないと思い、父を寝かせるための布団を用意しに、隣の部屋へと急いだ。

押入れを開け、父が長年愛用していた布団を取り出した。

この布団は今は誰も使っていない。

父がいなくなってから随分と日が経ってしまったので、使えるのか心配になった。

私は、カビが生えてないかひと通りチェックした。

どうやら大丈夫そうだ。

私はすぐさま布団を抱え、父のいるリビングへと駆けていった。

「お父さん!布団持ってきたよ!少し横になって休んだほうがいいよ!」

あれ?お父さんがいない・・・

どこに隠れているんだろうか・・・

私は、父がうずくまっているせいで、何かの陰に隠れて見えないのだと思った。

「お父さん、どこー?お父さん?お父さーん!!!」

いくら探しても、父の声も聞こえなければ、姿も見えない。

いなくなってしまった。

また救えなかった。

お父さん、ごめんなさい・・・

私はここで目が覚めた。

父が自殺してから6年が経とうとしている。

私はいまだに、父を救えなかった出来事が深く胸の奥に刺さっている。

そのあまりにも強烈な出来事は、私の胸の奥から消える気配をまるで見せない。

そして、これからも残り続けていくのだと思う。

私はきっと、一生この後悔と共に生きていくのだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク